ミールキットでセブンイレブンの産地や添加物は本当に安全?日替わり弁当との違いは?

ミールキット

ミールキットは最近いろんな会社がこぞって出していますよね。その一つがセブンイレブンのミールキット。自宅近くの店舗で受け取れるから便利ですが、手作りする以上、食材の産地や添加物が気になりますよね。安全性は高いのでしょうか?セブンミールにはミールキット以外にも日替わり弁当もありますが、添加物などの安全面でいうと違いはあるのでしょうか?解説していきます。

Advertisements

ミールキットでセブンは産地が安全なものを使っているのか?


セブンイレブンのミールキットは残念ながら産地情報を記載していません。

野菜やお肉がどこで取れたものなのかは、関心が高い人が多いので、是非記載してもらいたいですよね。
同じくミールキットを扱っているオイシックスやパルシステムなどは、無農薬・減農薬表示があり、産地もきちんと記載されています。

因みに放射能検査についての記載もありません。
他メーカーの場合、多くは国の基準を守ることはもちろんのこと、独自の検査基準を設けて、国の基準より厳しい基準にしている所もあります。

これからは、きちんと表示する企業がさらに増えるのではないかと推測できます。
事実、セブンイレブンもオーガニック商品が少しずつ増えています。
オーガニック志向の人が増えている証拠です。

 

 

ミールキットの添加物はどんなものが入っている?

 

この投稿をInstagramで見る

 

あんちゃん(@nami_hyt)がシェアした投稿

一応、セブンイレブンのミールキットは保存料、合成着色料不使用となっています。
他にもハムなどの加工品によく使われるリン酸塩も無添加です。

ですが、これだけで無添加とは謳えません。

それ以外の合成甘味料やアミノ酸などの添加物は、スーパーと変わらずに普通に使われています。

オムニ7でネット注文する際に知りたい原材料表示などの表示もありません。
せめて、このメニューにはこんな添加物が使われていると一目でわかるように原材料表示はしてもらいたいものです。

Advertisements

 

ミールキットの賞味期限は?

セブンのミールキットの賞味期限は到着日を含めて2日間となっています。
なので、注文する日はあらかじめ決めておく必要があります。

 

 

ミールキットと日替わり弁当、どちらが安全性が高い?


セブンイレブンのセブンミールには、ミールキット以外にも日替わり弁当の取り扱いもあります。
このお弁当、店頭で置いているお弁当の内容とは全く違うのと、野菜がたっぷり取れるという利点があります。(緑黄色野菜40g以上)
ご飯も白米と雑穀米が選べるので、健康が気になる人にもおすすめです。
ご飯がつかない、お惣菜セットというものもあります。
ただ、味付けが濃いめなのと、肉料理が多く、メニューが日替わりと言えど毎日食べるとかぶることが多いという欠点もあります。
価格は、500円(税抜)です。

 

この日替わり弁当とミールキットを比べた時に、どちらが安全性が高いのでしょうか?

答えは、多少ミールキットの方がいい、ということです。

なぜなら、ミールキットは保存料・着色料・リン酸塩無添加ということ。

野菜のボリュームが他社と比べても良く、セブンミールの日替わり弁当と比べても良いということです。

そして、味付けの調整が効くということです。
合わせタレが入っているので、自分で味付け不要ですが、タレをすべて使わないなどして、味の濃さの調整が出来ます。
そのまま調理すると濃いめの味付けなので、健康に留意するのであれば、控えた方がいいでしょう。

 

日替わり弁当の添加物

日替わり弁当の場合も保存料・着色料が無添加となっています。
ですが、それ以外の化学調味料や添加物は使われています。

ただ、店頭で販売されているお弁当よりは健康に気を使っている印象はあります。

 

 

まとめ

セブンイレブンのミールキットで産地や添加物などの安全性についてまとめました。
無添加ではないにしろ、消費者としては確認する必要があるので、食品表示は示してもらいたいですね。せっかく忙しくても手作りのごはんが食べたいと思ってミールキットを購入するわけですから、多少金額が上がっても、国産の野菜にこだわることや添加物は極力控えるなど、店頭の商品と差別化してもいいいのではないでしょうか。

Advertisements

コメント

タイトルとURLをコピーしました