茶禅華・川田智也が作るミシュラン二つ星の中華料理とは?メニューや予約方法を紹介!

エンタメ

茶禅華のオーナーシェフ、川田智也氏。2017年にオープンして以来、3度もミシュランで星を獲得しています。
彼が作る今までになかった新しい中華料理とは何なのか、詳しく紹介します。
メニューや価格、予約方法も要チェックです。

Advertisements

茶禅華・川田智也氏が作る新しい中華料理とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuki(@kimono.yuki)がシェアした投稿


川田智也氏は、 東京・西麻布「中国料理 麻布長江」で10年修行を積み、副料理長まで務め上げ、その後は東京「日本料理 龍吟」で日本料理を学びます。中華料理から一転して日本料理を学ぼうと思ったのは、「日本で作る中華料理であるなら日本の食材を知り尽くすこと」という考えから。中国から本場の食材を仕入れて料理をしても、何か本場の味とは違う。それは、日本で調理するからには、中華料理であれ、日本の食材でないといけないことに気づいたのだそうです。

トータル15年の中華と和食の修行を経て、茶禅華をオープンすることになり、考えた店のコンセプトは「和魂漢才」。わかりやすく言うと、中国から伝来したものを日本独自のものへと昇華していくということ。中国料理と日本料理がそれぞれに存在しながら、1つのものを表現する新しい料理。二つを融合するのではなく調和という料理が新しい。

茶禅華の料理は、全ての味が澄み切っていて、淡く清廉に表現されています。ティーペアリングで楽しんでほしい料理です。

茶禅華はミシュランガイド2020で二つ星を獲得

 

この投稿をInstagramで見る

 

yokohamamiyazaki(@yokohamamiyazaki)がシェアした投稿


2017年2月  茶禅華オープン

2017年12月  ミシュラン東京2018で二つ星獲得

以後、ミシュラン2019・2020でも二つ星獲得。

ミシュラン二つ星の基準としては、「遠回りしてでも訪れる価値のあるお店」ということで評価されています。

Advertisements

 

茶禅華のメニュー

◆季節の食材のおまかせコース(約15品)¥23,000
~前菜からデザートまで約15品で構成されるおまかせのコース料理

◆干し鮑を含む季節のおまかせコース¥38,000
~岩手県吉浜の干し鮑と季節の食材から構成されるコース料理

◆上海蟹コース ¥35,000
~上海蟹を様々な調理法でお楽しみいただける秋冬のコース料理
※10月中旬~1月中旬限定

 

茶禅華の予約を取るには

毎月、月初めの1日午前5:00から予約サイトで2ヶ月先の末日までの予約がスタート。ですが、すぐに全日いっぱいになってしまいます。なので、あらかじめ行く日を決めておいて、1日の5時前にスタンバイしておく必要があります。

予約は公式サイトからできます。

茶禅華

キャンセルポリシーは、1週間前まで50%、3日前75%、前日・当日100%発生します。
(予約人数分の料理代金)

 

 

茶禅華(さぜんか)
東京都港区南麻布4-7-5

広尾駅より徒歩9~12分
白金高輪駅より徒歩14分
麻布十番駅より徒歩14分

まとめ

茶禅華の川田シェフについて紹介しました。
彼は、中国の「中庸」という考え方にも精通しており、食べる人の体のことも思い、体が喜ぶ本当に美味しい中華料理を提供してくれます。もちろん高級食材も取り入れているので、大変満足できるお店です。大切な人と是非、訪れてみて下さい。

Advertisements

コメント

タイトルとURLをコピーしました