酒粕からアルコールを飛ばすと栄養は残る?酒粕味噌汁を子供にあげる注意点は?

未分類

酒粕は栄養豊富な食材ですよね。ビタミン・ミネラル・アミノ酸・食物繊維と栄養の宝庫です。でも。調理でアルコールを飛ばすと栄養は残るのでしょうか?身近な酒粕を使ったレシピ、酒粕味噌汁の栄養や効果について、子どもに与える時の注意点などと合わせて解説します。

Advertisements

酒粕からアルコールを飛ばすと栄養は残る?

酒粕を加熱してアルコールを飛ばすと栄養はなくなってしまうのでしょうか。お子さんと一緒に酒粕を使った料理を食べようと思うと、しっかり加熱してアルコールを飛ばすことを考えますよね。でも、せっかく酒粕の健康効果を得たいと思って調理しても、加熱することでなくなってしまったら意味がなくなってしまいますよね。

たしかに、生きた酵素は加熱してアルコールを飛ばすことでなくなってしまいます。しかし、酒粕に含まれるビタミンB群や不溶性食物繊維は比較的加熱に強い特徴があります。特に不溶性食物繊維は加熱してもその効果に変化はないとされていますので、十分酒粕からの栄養は得られるはずです。

そこでおすすめなのが、酒粕を味噌に混ぜて作る酒粕味噌汁です。味噌の成分との相乗効果で体は温まりますし、様々な美容や健康効果が得られますよ。

どんな効果があるのか、解説していきますね。

 

酒粕味噌汁の栄養や効果

便秘解消

酒粕に豊富に含まれる食物繊維は不溶性食物繊維が多く含まれています。この食物繊維は、水分を吸収して便のかさを増して腸内を刺激し、便秘解消をしてくれます。

美肌効果や代謝促進

酒粕には、ビタミンB1とB2が多く含まれています。B1は糖質代謝、B2は脂質代謝を促進します。さらに、B1は肌荒れ防止・B2はニキビ改善などの美肌とダイエットサポートにも。味噌の大豆イソフラボンにも抗酸化効果があるので、アンチエイジング効果が期待できます。

育毛効果

酒粕に含まれるアデノシンは、毛根の血行を促進し、髪に栄養や酸素をしっかりと供給します。なので、抜け毛や白髪予防の効果が期待できます。

冷え性の改善

酒粕に含まれる酒粕分解ペプチドには、一酸化窒素を生成する働きがあります。一酸化窒素が吸収されると血管が広がって血行が良くなるので冷え性の改善効果が期待できます。酒粕味噌汁を飲んでいるとしばらくしてポカポカとして体が温まるのはこのためです。

肝臓の保護

よく、飲み過ぎた翌日に粕汁や酒粕味噌汁を飲むと良いと言われています。これは、グルタチオンという成分が肝臓を保護してくれるからです。

Advertisements

高血圧の防止・アレルギーの緩和

酒粕に含まれるペプチドには高血圧を防止する効果があります。また、ペプチドはアレルギー症状を引き起こす成分を阻害する効果もあるので、続けて摂取することでアレルギーの緩和も期待出来ます。

悪玉コレステロールを減らす

酒粕にはプロラミンという成分が含まれており、コレステロール値を下げる効果が期待できます。味噌の大豆に含まれるサポニンにもコレステロール値を下げる効果があるので、相乗効果で肥満防止にもなるので、少しずつ酒粕味噌汁を摂るのがおすすめです。

 

酒粕味噌汁を子供にあげる時の注意点

酒粕の入った味噌汁を子供に飲ませる時はちょっと注意が必要です。火を通したとしてもアルコール分は残るからです。大人でもアルコール分解がしにくい体質の人は、奈良漬けや粕汁を飲んだだけで酔ってしまう人もいるので、子供の場合は尚のことです。

どうしても味噌汁に酒粕を使いたい場合、または飲む機会がある場合は、少量飲ませてみて様子を見ましょう。自宅で作る時は、少量使うだけにしておくこと、味噌を入れる前に酒粕だけ入れてよく沸騰させることが大事です。

因みに酒粕味噌汁の場合、通常入れる味噌の量の半分を酒粕に置き換えるのですが、お子さんも飲む場合は、味噌の1/5程度の量で酒粕を入れるくらいが良いと思います。それでも風味はほのかにしますし、体も温まりますよ。

おすすめの酒粕料理

酒粕とお豆腐を使った酒粕チーズクリームはいかがですか?焼くと香ばしく、チーズを使っていないのにチーズ風の味わいになりますよ。低カロリーだし、女性はあまりチーズを摂りすぎると乳腺が詰まり易くなるので、酒粕チーズクリームはその点でもおすすめです。

酒粕ヴィーガンチーズ
出典:もりくみこ

まとめ

酒粕からアルコールを飛ばすと栄養がなくなるのか、子供にあげられるのかについてまとめました。
子供に与えるかについては賛否両論ありますが、人の体質も千差万別です。
火を通すとアルコールはほとんどなくなるので、子どもの様子を見ながら美味しく食べられるなら、少量与えても問題はありません。
かく言う、我が家の子ども達も酒粕味噌汁は喜んで食べています。
体が芯から冷える冬場は、おすすめの寒さ対策でもあります。

Advertisements

コメント

タイトルとURLをコピーしました