ニトリのカラーボックスにカビが!原因と対処法は? 再発予防方法はある?

ニトリ

ニトリのカラーボックスはお値段が良心的で、特に子供の物を収納するのに便利で使っています。ですが、カラーボックスを使っていてカビが生えていたという人が多いようです。実は私もその一人です。カビが出来る原因はなんなのか、カビを取るための対処法や、再発しないための予防方法はあるのかについてまとめました。

Advertisements

 

ニトリのカラーボックスにカビが出来る原因は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

tomo(@s.o.u.2020)がシェアした投稿


ニトリのカラーボックスの裏面の板は加工されていない繊維板です。
繊維板は吸水性があり、カビ易い傾向にあります。

部屋で洗濯物を干していたりするとなんだかカビっぽい臭いがするのよね。

これはもうすでに、カラーボックス内部にまでカビが広がっている証です。湿気にとても弱いんですよね。

カビは、栄養・水分・酸素・温度この4つが揃うと発生しやすくなります。
栄養は、食べ物カスやほこり・髪の毛・フケ・手垢など。
水分は湿度が65%以上。
温度は、20~35℃で活発化します。

特に、ほこりが溜まりやすく、湿度が高い所は要注意です。

湿度65%だと人間にとっては丁度良い湿度ですが、カビにとっても居心地がよかったりするんですよね。さらに、洗濯物の室内干しを同じ部屋でしていたことがあれば、一発でアウトだったりします。

ニトリのお客様サポートの見解

基本的に除去は難しいです。
再発を防ぐ為に内部まで侵食したカビ菌を完全に殺すこと、シミが残らないように取り除くことが必要です。

素材にもよりますが難しいです。 基本的には、拭き取り、洗浄(洗濯)を行うこと。
その後、日に当てて良く乾燥させることです。
住居用のカビ取り剤は非常に強い成分の為、家具等には使用しないで下さい。

引用:ニトリお客様サポート

水拭きだけでは、見えないカビの胞子を広げる可能性があるので、あまり良くないようなんですよね。そして、カラーボックスをしっかり天日干しするのも結構大変ですよね。

うぅーん、この解答だけでは解決しなさそうです。

 

カラーボックスにカビが出来た時のメンテナンス方法

ニトリが推奨するメンテナンス方法はないんですよね。
カラーボックス内部まで侵入したカビ菌を完全に取り除くこと、洗浄してからしっかり日に当てて乾燥させることは中々難しいからです。アルコールで拭いてから天日干しするのが方法としてはありますが、内部までは取り除くことはできないでしょうね。
そして、カビによるシミが付いたままになりそうです。

じゃあ、付いたカビはどうしたらいいの?

カビが出来た時の対策

それでも買ったばかりのカラーボックスの場合、応急措置をして使いたいものですよね。カビ臭いまま放置しておけないですし。
カビが出来た時の対策をいくつか提案します。

アルコールスプレーをして拭き取る

一時的な対策になりますが、手っ取り早いのがアルコールスプレーをして拭き取る方法です。掃除機でまずは埃を吸い取り、アルコールスプレーをかけてティッシュかクロスで拭き取ります。何度も同じものは使わずにカビの範囲が広い場合は、別なものと取り換えて拭きましょう。見えないカビの浸透も考えられるので、何ともない部分も全部拭くことが大事です。拭いたら、乾燥させます。

塩素系漂白剤を使う

キッチンハイターで除菌をします。ただし濃度が高いので、2倍に薄めて使います。アルコールスプレーと同じようにスプレーボトルに入れて吹きかけ、ティッシュかクロスで拭き取ります。塩素系漂白剤は素材を痛める可能性もあるので、様子を見ながら使うようにしましょう。

カビ取り道具を使う

木材用のカビ取り剤があります。
直接スプレーして30分放置したら水拭きするだけです。
乾燥すると人体に無害なレベルまで蒸発してなくなります。
カビが出来てだいぶ時間が経ったものは、2~3回繰り返していくと取れていきます。

背面の板を外して使う

カビが付いた背面板は外してしまうのも方法の一つ。

どうしても、背面があると埃も付きやすく通気性が悪くなりがちです。なので思い切って外して、インナーケース(カゴなど)を入れて使うのもおすすめです。

 

カビを再発させないための予防法

カビの予防策の基本は、換気・除湿・掃除です。

雨の日以外はこまめに外の空気を取り入れ換気をすることや梅雨時期には除湿器やエアコンを有効活用することが重要です。
それと、カラーボックスを配置する場所は窓際から遠く、壁から5cmほど離して設置するようにしましょう。

他にもカビの予防策はあります!

水性ペンキやニスを塗っておく

油性ウレタンニスや水性ペンキなどで塗装してしまうと生えにくくなるはずです。本当は新品の状態で塗ると一番いいのですが、再発予防でも効果はあります。カビがその後はえても、コーティングしてあるのでアルコールで拭き取るだけで簡単に落とせます。

除湿剤を置いておく

クローゼットや納戸などにカラーボックスを置く場合、カビ取りゾウさんなどの除湿剤を一緒に置いておくのも効果的です。ただし、定期的に確認して取り換える必要があります。でもこれ、置くと置かないでは結構違いますよ。

防カビ加工について

あらかじめ、防カビ剤でコーティングしているカラーボックスもあります。背面がざらざらとして木の断面が良く分かるような状態になっていると残念ながら防カビ加工はされていません。ニトリも同じくしていないので、本当は購入時に自分でニスを塗るか、それが難しい場合には、ビニールテープでもいいので、背面に隙間なく貼っておくとカビ予防になります。

 

取れないカビの隠し方

カビのシミがどうしても取れない場合もあります。
その場合は、リメイクシートを貼るのはどうでしょうか?
防カビ仕様の壁紙もあるので、お気に入りのリメイクシートを貼って、リニューアルするのも良いかもしれませんね。
しっかりと汚れとカビを拭き取ってからリメイクシートを貼るようにしましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

mm(@rumi5102)がシェアした投稿

ニトリのカラーボックスのレビュー

子供3人分の学校の道具をまとめてしまえるように購入しました。高さが変えられるので便利です。
簡単に組み立てられました。ただ、背面の板が弱々しいかなという印象です。
塗料の臭いがきつく、しばらく消えなかった。
高さ調整が細かくできるので、入れるものに合わせて決められるのがすごく良いです。
背面部分に傷がありました。目で見えない部分の作りは雑なのかな、という感じがした。

まとめ

ニトリのカラーボックスにカビが出来る原因と対処法についてまとめました。
購入したら、自分で防カビ加工をする必要があるなんて、昔の私には思いもしませんでした。
次回、購入する際はニスを塗ってから使いたいと思います。
背面を外して使うのもおすすめですよ~。

Advertisements

コメント

タイトルとURLをコピーしました